【報告】『おせっぺとみおか2016』 成果発表会

平成29年3月4日(土)『おせっぺとみおか2016』成果発表会を開催いたしました。約一年かけて取り組んできた「聞き書き」による作品づくり。今年度はその成果発表の場を、聞き手を支えてきた学生サポーターのみなさんが中心となって、準備してきました。取り組みを通して学んだことや得たことを、聞き手、話し手、学生サポーターや先生方、それぞれの立場からの報告をインタビュー等を交えながら行いました。当日の様子を少しご紹介します。

<当日のプログラム>
1. 開会の挨拶
2. 来賓のご挨拶
3. 学生サポーターによる「おせっぺとみおか」の活動紹介と報告
4. 2016年度作品集の贈呈式
5. 「聞き手」による成果発表
6. 参加者に聞く、聞き書きのこと、町のこと
7. アドバイザーの先生からのコメント
8. 閉会

学生サポーターによる「おせっぺとみおか」の活動紹介と報告
 この1年間、「聞き手」を1番近くで支えてきた学生サポーター。スライドや動画などを作成し、工夫しながら丁寧に今年度の活動紹介と報告を行いました。

「聞き手」による成果発表
 「聞き手」の学生たちからは、自分自身の自己紹介を交えながら、話し手との出会い、おせっぺとみおかに参加した感想などの発表がありました。
「富岡町民が盛り上がれるために奮闘するアウトドアおじさん」「ずっと読んでみたいと思っていた本を書いた人」など、聞き手にとって話し手のみなさんは、昔から知っている町の人。そんな町の年長者からは、たくさんのことを学んだようです。今まで知らなかった富岡町に触れることで故郷との距離を縮め、これからの未来を考えることにつながったようでした。

参加者に聞く、聞き書きのこと、町のこと 聞き役:下村 健一 先生(元TBS報道キャスター)
話し手、聞き手、学生サポーター。それぞれの立場、年代でみた聞き書きや富岡町のこれからを、インタビュー形式で伺いました。話し手のみなさんの「富岡弁」が和やかな雰囲気を作りだし、様々な話題で盛り上がりました。

2016年度も、たくさんの方々に支えられ活動することができました。関係者のみなさま、1年間お疲れ様でした。またご来場いただいたみなさま、ご参加いただき、どうもありがとうございました。
『おせっぺとみおか』は、2017年度は少し形を変えて継続実施していく予定です。これからも応援よろしくお願いいたします。

text:『おせっぺ とみおか』事務局

広告