『おせっぺ とみおか 2015』 第1回聞き書き研修 – 3日目

 8月19日から21日の3日間で『おせっぺ とみおか 2015』第1回聞き書き研修を行いました。その様子を数回にわけて報告いたします。今回は、3日目の最終日です。(1日目2日目はこちら

IMG_4710

<3日目>
 いよいよ、最終日の3日目。今日は、文章の校正と整理方法を学びます。まずは練習問題を使って、インタビューを書き起こしした状態(質問と回答)の例題から、質問を取り除き、一人語りのスタイルにまとめていきます。

IMG_4672

 まとまった文章にタイトルと小見出しをつけ、ホワイトボードに書きだしました。語り手の言葉をタイトルに使ったりと、それぞれが工夫をします。読み物としてどんなタイトルが相応しいのか、小見出しによって、伝えたいことを上手く伝えたり、人に読みたいなと思わせることもできそうです。

IMG_4689

 その後、他の人がどのようなまとめ方をしたのかがわかるように、代表して二名に自分でまとめた文章を読み上げてもらいました。どのように整理していけば、読み手に上手に伝わるのか、語り手がより魅力的に映る文章になるのか。同じインタビューからまとめた文章でも、まとめる人によって出来上がりは違ってきます。それが聞き書きの面白さでもあります。

IMG_4678

 最後に、文章の校正の方法についての学習です。練習問題を使って文章の誤りや表現を統一したり、文字を合わせたり。これらの細かい作業も聞き書き作品を仕上げるために欠かせないものです。午前の研修はここまで。これで「聞き書きの手法」の講習はおしまいです。

IMG_4747

 午後からは、茨城大学の伊藤哲司先生のコーディネートで研修を振り返ります。“①気づいたこと、発見したこと、学んだこと ②足りなかったところ ③年度末になっていたい自分” を書き出して発表しました。沢山のことを考え、話し合い、学んだ3日間でした。最後に今後のスケジュールなどを確認し、第1回研修は終了です。

IMG_4747

 参加した聞き手、サポートの学生や先生方、みんなに新しい発見があり、とても充実した研修でした。これから子ども達は、9月から10月にかけて、話し手のお宅に訪問し2回目のインタビューを行います。そして、書き起こし・編集といったプロセスを通して、それぞれの「聞き書き」作品を完成させます。いまから完成がとても楽しみです!

text:『おせっぺ とみおか 2015』事務局

広告