『おせっぺ とみおか』とは

「おせっぺ とみおか」概要
富岡町次世代継承 聞き書きプロジェクト「おせっぺとみおか」では、富岡町の学生たちが、地域の年長者を中心とした住民への「聞き書き」という手法を通して、自らが育った地域の歴史・風土、先人たちの教えなど有形無形の財産を学び、そうした、故郷に脈々と息づいてきた「暮らし」を継承する行為から、自らの生活を考え、将来を生き抜いていける力を養うことを目的としています。
また、この「聞き書き」が、子ども、親、高齢者をつなぎ、そこに関わったすべての人たちが、ともに支え合いながら暮らしていくための一助となるよう実施していきたいと考えています。

「聞き書き」とは
「聞き書き」とは、取材、インタビューによって、人の話を聞き、その相手の言葉だけを用いて文章をまとめ、記録する手法です。「おせっぺとみおか」では、富岡町で働き、暮らしてきた方々の人生を通して、富岡町の歴史や風景を記録していきます。

IMG_4782